Life Goes On

アクセスカウンタ

zoom RSS 【iPhone5】スライド式キーボードケースと懐かしのhTc Z&HT-01A

<<   作成日時 : 2012/11/24 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

iPhone4のときにもあった、スライド式キーボードがついているケース。iPhone5にも登場しました。
あのポチポチ感をもう一度。iPhone 5対応スライド式キーボードケースが登場 : ギズモード・ジャパン

わたし以前記事にしたように、スライド式キーボードのついたhTc ZやHT-01Aを使っておりました。
【iPhone4】わたしのPDA・スマホ戦記(2001年〜2012年) Life Goes On/ウェブリブログ

その便利さを知っていたので、思わずググッときてしまいました。
で、Amazonで調べると、販売店によって値段にかなりバラつきがあります。わたしが買ったときは以下の店(minisuitさん)が最安値で、1610円でした。


で、で。Bluetooth接続は何の問題もなく成功。少し使ってみました。いいですね。HT-01Aのときを彷彿とさせる打鍵感で、ポチポチと入力できます。
…が、結局つけっぱなしにはならず、二軍のケースとなってしまいました。なぜかというと…、

1.フリック入力が早い
hTc ZのときはiuTAPを、HT-01Aのときはgesture10keyを使っていました。これらのSIPは当時まだ発展途上という感じで、スライド式キーボードのほうが使い勝手が良かったのです。が、iPhoneのフリック入力はやはり相当よくできています。わざわざキーボードを使わなくても、1年以上慣らしているので結構な速さで打ててしまいます。フリックなら電車の中で、片手でも打てますしね。

2.「YHN」が打ちにくい
ちょうど真ん中にある「YHN」のキーが、右手親指が届きにくく、打ちにくい。おそらくこれ、iPhone5になって本体が縦長になった弊害ですね。慣れればなんてことないのでしょうが、微妙に「グッ」と指を伸ばす感じになり、タイプのリズムが狂う感じがありました。

3.運用が面倒
スライドしてからスイッチをONにしなくちゃいけなかったり、本体とは別に充電しなくちゃいけなかったり。hTc ZやHT-01Aのときの組み込みキーボードと比べると、やはり面倒が発生します。

4.質感がもうひとつ
これは、値段相応ということだと思います。そこまで安っぽいわけでもないのですが、やはりプラスチック然としていてカッチリ感に欠けます。

フリックが苦手でどうしても打つのに時間がかかる人にはオススメできます。フリックがある程度の速さで打てるなら、正直いらないかもしれません。
んなこと買う前からわかってただろ、というツッコミもありますが、そこはまあ、「買ってから考える!」というヤツです (´∀`)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お奨め記事テーマ


サイト内ウェブ検索


おすすめ商品


このブログについて


当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


【iPhone5】スライド式キーボードケースと懐かしのhTc Z&HT-01A Life Goes On/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる