アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ミラジーノ」のブログ記事

みんなの「ミラジーノ」ブログ


【ミラジーノ】ナポレックスの「VTメータークロック」Fizz-1025が使いやすい

2016/12/05 23:11
使っていた時計が速攻壊れてしまったので、ミラジーノ用の時計を買い直しです。
以前使っていたFizzブランドで、評判のよさそうな「VTメータークロック」にしました。
内気温、外気温、電圧が測れ、凍結アラームやローバッテリーアラームまでついている、全部入りモデルです。


まずは取りつけ。

問題になるのが外気温計で、3メートルのコードの先についています。
説明書にはこれをドアミラーにつけろとあるのですが、それにはドアの内張りを剥がし、さらにドアミラーのところに穴を開けなくてはなりません
これはハードル高いだろうということで検索したところ、以下のブログによさそうな情報を発見。
車内外温度計取付け|ミラジーノ/ダイハツ|整備手帳|おがじーの|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

こちらを参考に、Bピラー根本の穴の中に設置しました。

Bピラー根本の穴

Bピラーの内張りは、適当にいじればドライバーすら使わず簡単に剥がせます。
厳密には外気温ではありませんが、ボディの鉄板に直にセンサーを貼っているので、数値的にはよさそうでした。

完成図

完成。
以前も取りつけていた1DINスペースに、ちょうどピッタリはまります。素晴らしい。

性能面の不満は一切なし。
時計の電波の感度も問題なし。
バックライトもついて、見やすさも問題なし。
やっぱりFizzシリーズはよくできてます (´ー`)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【ミラジーノ】槌屋ヤック「シースルーラジオクロック」PZ-533を設置

2016/11/12 09:07
先日カーオーディオを換装したとき、4年前から使っていた電波時計のケーブルを断線してしまったようで、エンジンをかけても点かなくなってしまいました。
同じものを買うのもつまらないので色々調べ、槌屋ヤックの「デカ文字シースルーラジオクロック BK PZ-533」を購入。
このシリーズ、ソーラーモデルなど色々出ていますが、電波時計なのはこれだけです。


この時計、バックライトがありません。シースルーになっており、夜はヘッドライトの反射光で見える、という仕組みです。
これが、思った以上に見えます。文字も大きくハッキリしているので、見えにくいということはありませんでした。

アイディア商品ですね。オススメです (´ー`)

■2016/12/03追記
最初は電波を拾っていたのですが、割とすぐに拾わなくなってしまいました。
しかも手動で合わせても、わざわざ盛大に狂います。
たまたま不良だったのかわかりませんが、ちょっとこれは…、でした (´σд`)

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【ミラジーノ】カロッツェリアのカーオーディオ「DEH-5300」でSpotifyを聴きまくり

2016/10/30 22:42
ついに日本上陸したSpotify。
大好きなジャズファンク系のプレイリストを聞きまくっています。
クルマ通勤のわたしは、こうなるとやはりカーオーディオで聴きたくなる。
1年ぐらいしか乗らないはずのミラジーノにもう4年も乗っているので、カーオーディオ換装です。

カロッツェリアDEH-5300

今回はアマゾンで買って、DIYで取りつけました。
チョイスしたのはカロッツェリアの「DEH-5300」。廉価版でBluetooth含む全部入りの品です。
わたしが買ったときで12000円を切っていました。
DINスペースの取りつけは何度かやっているので、慣れたものです。
今回カロッツェリア→カロッツェリアの換装だったのでコード類はすべてそのまま使えます。
ものの10分で作業終了です。


びっくりしたのが、Bluetoothオーディオの挙動。
例えばSpotifyを聞いている途中でそのままエンジンをOFFにします。
次回エンジン起動時は、Bluetooth経由で勝手にiPhoneに繋ぎ、そのままSpotifyの続きを流してくれるのです※。
一切操作なし。
もちろん曲名やアーティスト名も、カーオーディオ側で表示してくれます。
正直iPhoneに繋いでいるという意識はほぼなく、カーオーディオ単独機能のような感覚です。
※厳密にはiPhoneでYouTubeなどを使い次回エンジン起動すると、「NO TITLE」となってしまいます。
 つまり最後に使った音楽アプリを自動起動する、という仕様です。


Bluetoothカーオーディオ+Spotify=最強音楽体験!
これ、本当に素晴らしいです。
このためだけにBlutoothカーオーディオを買う価値があります!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【ミラジーノ】センターパネルを外して1DINを付け替える手順

2015/06/28 06:37
先日スマホスタンドをDINスペースに取り付けけました。
【ミラジーノ】1DINにスライド収納できるスマホスタンド「槌屋ヤックVP-D10」が超便利 Life Goes On/ウェブリブログ

今回小物入れの付け替えということで配線もありませんし、初めてDIYにチャレンジしてみました。
作業手順を備忘録がわりに、記事にしておきます。

1.センターパネルを外す

センターパネルのツメ

灰皿とシガーライターを外してから、センターパネルを外します。
右側の写真をご覧いただきたいのですが、ミラジーノのパネル、裏側は6か所のツメで留まっています。
このツメは小さな板バネで「パチン」とハメ込まれているだけなので、灰皿あたりの隙間に指を入れて引っ張れば、簡単に外れます。内張りはがしなども使いませんでした。

2.ネジを外す

1DINのネジ

正面から見て4か所のネジを外すと、DINスペースに収まっているアイテムが外れ、前に引き出せるようになります。
その状態でブラケットに固定しているサイドの片側2か所のネジを外せば、アイテムが外れます。

以上、終了。簡単。
ついでにオーディオと上下逆にしたりしましたが、初めてでも苦労することなく、20分程度で作業終了しました。

DIYで何とかなると思うと、DINスペースをどう使おうか、考えるだけでワクワクしますね。
いい経験をしました (´ー`)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【ミラジーノ】1DINにスライド収納できるスマホスタンド「槌屋ヤックVP-D10」が超便利

2015/06/27 14:00
普段のアシとして、ミラジーノを使っています。
で、初めてのところにいくときとか、スマホでカーナビしたいじゃないですか。
そのとき用にダッシュボードに粘着吸盤で貼り付けるタイプのスマホスタンドを取り付けてました。
でもダサいんですよね。めったに使わない割に目立つし。

1DINスペースに収まるスマホスタンドがないかと探して、槌屋ヤックVP-D10を見つけました。
ベースとなる1DINボックス(VP-D1)と、ついでに小物入れ(VP-D5)もセットで購入して、さっそく取りつけです。

槌屋ヤックVP-D10

このシリーズ、1DINを左右に分けて、別々のオプションを取りつけられます。
わたしはスマホホルダーを左に、インナーケースを右にセットしました。
スマホホルダーのハサミを広げた状態で収納しようとするとインナーケースに干渉してしまうので、ケースをハサミで少しカットしました(やわらかい素材なので簡単にカットできます)。

これはいいです。
普段は1DIN内に収納しておき、必要なときだけサッとスライドしてすぐに使えるという、まさにわたしの考えていた理想形です。
ついでにインナーケースもiPhone6がピッタリハマるサイズで、何から何までおあつらえ向きでした。

槌屋ヤックVP-D10

iPhoneをホールドするハサミ部分は最適な幅で開いた状態で半固定できるので、いちいち調整する面倒はありません。
アームは上下左右にカチカチと動くので、スライドしたあと簡単にドライバーに向かせることができます。

そうそう、Amazonでは「アームが堅い」「ネジが弱くすぐ取れそう」「スライドが出てこない」と酷評されていますが、わたしそんなことぜんぜんありませんでした。
ロットによって改善されているのかもしれませんね。

まあ値段相応のプラスチッキーなチープ感はありますが、それ以上の便利さがあります。
大満足の買い物でした (´ー`)

   
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【本】「速報!ホンダS660 CONCEPT」と、スポーツカーの思いやまず

2013/10/27 01:17
 [Amazon]速報!ホンダS660 CONCEPT (別冊モーターファン)
速報!ホンダS660 CONCEPT (別冊モーターファン)
ついに発表された、ホンダの軽オープンスポーツ、S660。さっそくムックが出ていたので買ってしまいました。
内容的には写真中心にしたS660の紹介。あとはビート、カプチーノ、AZ-1、コペン、ケータハムセブン165など、軽スポーツの記事で占められています。

RX-8からMPVに乗り換え、わたしの通勤用のクルマがミラジーノになって、1年が過ぎました。
【RX-8】さようならRX-8、こんにちはMPV Life Goes On/ウェブリブログ

正直、スポーツカーの思いやまず、といった心境です。
別にミラジーノが悪いクルマだとは思いません。適度にオシャレで、いいクルマだと思います。
しかしやはり、「ポルルルン」というイグニッション音では、ハートにキックが入りません。
何の不自由もない便利なクルマですが、高揚感がないのです。

さらに言うと、誰でも乗れてしまいます。
もともと妻が乗っていたクルマですからね。家族にチョイノリされてしまうのです。
別に「乗るな」という理由もありませんが、正直、嫌なのです。
自分にとってクルマというのは、最後に残った「自分だけの空間」であってほしかったのだなあと気付きました。

失くしたものは、取り戻す。
あと1年我慢して、絶対にS660に乗ろうと思います。

なぜS660だからって? それは、「軽だから」ですね。
セカンドカーとなるので、「維持費が安い軽なら」という理由で、家族の説得がしやすいのです。
軽自動車と普通車 維持費を比べてみると・・・?
上記のサイトをもとに試算してみると、普通車と軽の維持費の差は、10年でも53万
実際には数年落ちのロードスターなどを買ったほうがランニング含めても絶対安いのでしょうが、「軽だから」というのはわかりやすい理由なのです。
このへん、ホンダのマーケティングがうまいなあ、と思いました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【クルマ】ナポレックスの「Fizz」LED電波時計(Fizz-870)がピッタリ

2012/12/27 00:04
 [Amazon]ナポレックス「Fizz」LED電波時計(Fizz-870)
ナポレックス「Fizz」LED電波時計(Fizz-870)
通勤で使っているミラ。オーディオをカロッツェリアのDEH-470に載せ換えたのに伴い、ひとつ困ったことがありました。時計がなくなってしまったのです。
もちろんDEH-470にも時計表示モードはあるのですが、普段は曲のタイトルを表示したいので、パッと見られる時計がなくなってしまったのです。

で、色々調べました。調べた限りだと、「エンジンをかけたら自動でバックライトが点く電波時計」という条件に当てはまったのは、ナポレックスのFizz-870だけでした。
早速購入して取り付けました。ペットボトルホルダーの下に使っていない1DINスペースがあったので、そこに両面テープでくっつけただけ。シガーソケットからの配線は、[AA]エーモンの配線止めテープを使いました。


いやー、これはまったく、狙い通りの仕上がりになりました。視認性もバツグンですし、エンジンを切れば自動で消灯。最初からそこについていたかのような違和感のなさでした。

ひとつだけ、気をつけたいのは…。

この時計、奥行きが28mmもあります。インパネのちょっとした空きスペースに貼り付けようとすると、バコンと飛び出すことになります。
基本、ダッシュボード上に置くように設置するか、空きDINスペースに設置するかだと思いました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【ミラジーノ】カロッツェリアのカーオーディオ「DEH-470」でMP3を聴きまくり

2012/08/06 00:17
先日、RX-8を家族用にMPVに乗り換えました。
【RX-8】さようならRX-8、こんにちはMPV Life Goes On/ウェブリブログ

それにともない、わたしの通勤車は妻が乗っていたミラジーノに。まあ何の不自由もないのですが、10年前のクルマなので、オーディオが「CD+MD」なのです。さすがにこれはキツイので、速効でオートバックスに行き、社外品に付け替えました。
わたしぐらいの世代だと、カーAVといえばやはり、カロッツェリア。「MP3が聴けて一番安いやつ」ということで、DEH-470をチョイスしました。工賃、USBメモリ等すべてコミコミで、2万円でお釣りがきました。
carrozzeria | DEH-470 | カーAV

carrozzeria DEH-470

これはいいですね。機能の過不足がまったくありません。普段は16GBのUSBメモリに音楽をパンパンに詰め込んで、刺しっぱなしで使っています。USBメモリは最近、出っ張りがほぼないものも出ているので、それがオススメ。わたしは[AA]Sandiskのものにしました。
さらにiPhoneをUSB接続すると、アプリで再生している音をカーオーディオから出すこともできます。インターネットラジオをかけるといい感じです。

音の良さは言うに及ばず。このテのことにはサッパリ疎い妻が、乗った瞬間に「ぜんぜん音違うね!」とびっくりしたぐらいでした。

あ、そうそう。ミラジーノの純正カーオーディオは2DIN占めているのですが、DEH-470は1DINで済みます。余った1DINには小物入れをつけました。で、木目調のものをチョイスしたら、まるで最初からついていたみたいにマッチしていました。これは思わぬ副産物でした。

ミラジーノ、ワクワク高揚するようなクルマではなく、完全な実用車です。でもミニっぽい外観といい、木目調やフェイクフェザーを使った内装といい、いい感じのB級感があります。
あまりオシャレすぎず、でも普通すぎず。これはこれでまあ、気に入りました ( ̄ー ̄)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「ミラジーノ」ブログ


お奨め記事テーマ


サイト内ウェブ検索


おすすめ商品


このブログについて


当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


Life Goes On ミラジーノのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる