アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「UP24」のブログ記事

みんなの「UP24」ブログ


【iPhone6】iPhone6には周辺機器なしで歩数計則する機能がある

2015/05/20 06:00
ヘルスケア先日UP24を使うのをやめました。
【iPhone6】リストバンドJawbone UP24を使うのやめた Life Goes On/ウェブリブログ

その理由として大きかったのが、iPhone6では周辺機器なしでも、歩数計則ができるというものでした。
iPhone6登場時にあまり話題になりませんでしたが、新しく搭載されたセンサーの働きで、6からはiPhone単体で歩数、移動距離、階段昇降などが記録できるのです。
「ヘルスケア」の使い方/歩数や移動距離をグラフで表示する : Simple Guide to iPhone | シンプルガイド

わたしiPhoneは事実上、24時間肌身離さず持ち歩いています。iPhone自体がウェアラブルデバイスじゃねーか! という状態です。
歩数計測はもう、iPhoneだけで十分。同じ機能を持つウェアラブルデバイスを2つも身につける必要はないぞ、というわけで、UP24を使うのをやめたのでした。

UP24で自動計測していたのは、歩数と睡眠時間。
睡眠時間は定番のSleep Cycle Alarm Clockで、これまたiPhone単体で計測できます。

▼Sleep Cycle alarm clock - Northcube AB


さらにいうと、わたしが使っていたのとは別バージョンのUPアプリを入れることで、そうしてiPhone単体で計測したデータをもとに、アドバイスまで受けられるようです。
今年はiPhoneでダイエット!ヘルスケアを使って睡眠時間や消費カロリーを記録 - 週アスPLUS

こうなるともう本当に周辺機器いらねーだろ、という状態ですね。
スマホ依存度がますます高まりました (´∀`)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【iPhone6】リストバンドJawbone UP24を使うのやめた

2015/05/18 22:17
公園で子どもと遊んでいるときのこと。
抱っこしていて子どもが無理矢理降りようとしたとき、Jawbone UP24が「バチン!」と嫌な引っ張られ方をしました。

あわてて左手を見ると、キャップが派手にはじけ飛んで、行方不明になっています。
キャップ自体は30分ぐらい探して奇跡的に発見したのですが、ハメようとしたところ、うまくハマりません。
どうも接合部がちょっとバカになってしまったようです。
無理矢理使うこともできたのですが、色々思うところもあり、やめました。

壊れたUP24

ブログを見ると去年の5月に買ったので、ちょうど1年間使ったことになります。
【iPhone5】JawboneのUP24でのライフログ計測が楽しい! Life Goes On/ウェブリブログ

わたしリストバンド、もっというとウェアラブルデバイスというものを使ったのは初めてだったのですが、かなり楽しい経験でした。
いい機会なので、1か月後レポート以降に気付いた点を振り返ってみたいと思います。
【iPhone5】Jawbone UP24を1か月使ってみてわかったこと Life Goes On/ウェブリブログ

■意識するようになる
1か月時のレポートにも書きましたが、可視化されることで、とにかく「意識する」ようになります。
歩数にしても「あと500歩で目標達成だから、ちょっと歩くか」とか。
睡眠にしても「あと○分で目標達成だから、電車でちょっと寝るか」とか。
この効果が非常に大きいと思く、結果的に歩数や睡眠時間が伸びます。

■Ingressと相性がいい
去年の8月から位置ゲーの「Ingress」を始めました。
テーマ「Ingress」のブログ記事一覧 Life Goes On /ウェブリブログ

この相性が抜群によく、「あと500歩で目標達成だから、あそこのポータル奪還するか」という行動につながります。
活動計+Ingressは、相当オススメの組み合わせです。本当に1万歩、2万歩と、軽くいってしまいます。

■ゴム素材が気になる
UP24、ブレスレット的な余裕のあるデザインがとても気に入っていました。
ただ、表面のゴム素材は正直いただけませんでした。
チープに見えるという意味でもあるのですが、もっと問題なのが、ベタつき感です。
ゴムなので使っているうちに、何となくだんだん、ベタついてくるのです。
去年の夏は買ったばかりだったのでまだよかったのですが、今年の夏もう一度使ったら、絶対手首かぶれるだろう、という感じです(だから使うのやめました)。
ゴム素材のものを何年も常に身につけるというのは、やはりちょっと厳しいですね。

■iPhone単体で代用できる
わたし、iPhoneは事実上、24時間肌身離さず持っています。
そして別記事で起こそうと思いますが、UP24のセンサー機能(歩数、睡眠の計測)、iPhone単体で代用できてしまうのです。
上記ゴム素材問題をおしてまでiPhoneと機能がカブるものを身につけるかというと、それもないなあ、と。結局使うのをやめてしまいました。

カーナビにしてもミュージックプレイヤーにしても、デジモノはすべてスマホに食われるという流れがありますよね。
リストバンドのような最先端のウェアラブルデバイスでも、その流れとは無関係でいられないのかもしれません。

スマホでは代用できないUXを考えないと、デジモノは本当に厳しい時代になりますね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【iPhone5】Jawbone UP24を1か月使ってみてわかったこと

2014/05/24 11:54
UP CoffeeUP24、約1か月使ってみました。自分で気付いたり、人に見せびらかしたときに聞かれたりしたことをまとめておきます。

まずは、ポジティブなトピックス。

■意識する
知人からは「万歩計と睡眠計で16000円!?」と驚かれましたが、こと「意識する」ということに関しては、本当に効果があります。
どのぐらい歩いたのか。どのぐらい食べたのか。どのぐらい寝たのか。自分でメタ認知することで、自然とコントロールするようになりました。
実際わたしこの1か月、飲み会続きだったにも関わらず、体重が2キロ落ちました。「少し歩こう」という意識と、「昨日飲んじゃったから少しカロリー控えよう」という意識が働いたからだと思います。

■レコメンド
毎日の過ごし方に応じて、以下のようなレコメンドがなされました。
「最近寝るのが遅くなっていますね。今晩**時までに就寝しましょう。(Y/N)」

これが楽しい。結構細かい提案がなされるので、パーソナルコーチのような感覚で、毎朝見るのが楽しみになります。
「記録する」というのもそれはそれで楽しいのですが、やはり何かフィードバックがないと、やる気が続きませんからね。

■UP Coffeeアプリ
コーヒー飲み過ぎ?Jawboneの新アプリ「Up Coffee」が教えてくれるよ | TechDoll.jp
公式の連携アプリ。摂取カフェインと睡眠の相関性を測って、アドバイスしてくれます。
「あなた眠れなくなるから、そのコーヒー飲まないほうがいいよ」とか言ってくれるらしいのですが、わたしカフェイン耐性が強いため、そのようなアドバイスは出たことはありませんでした。
でも、デザインもとても洗練されており、触っていて楽しいアプリです。わたしはコーヒーログとして使っています。

続いて、ネガティブなトピックス。

■引っかかる
素材がゴムなので、ジャケットを脱いだり着たりするときに、よく引っかかります。また接合しないでクロスしたデザインはオシャレなのですが、端っこにひも状のものがよくひっかかります。
コンビニ袋などがひっかかって「バチン!」と手から外れてしまうことが、数回ありました。壊れないか、ちょっとヒヤッとします。

■iPhoneのバッテリーを食う
これは、条件制御して検証したわけではないので、正確にはわかりません。ありがちですが、新しいアプリや周辺機器を入れた結果、iPhoneに触る回数が増えてるだけなのかも。
しかし明らかに、バッテリーの持ちは悪くなった気がします。今まで寝るときも30%は残っていましたが、夕方には20%を切ってしまうことが増えました。
UP24はBluetooth経由で、iPhoneと常に接続しています。通信が発生するのはUPアプリを立ちあげたときだけなので、あまりバッテリー食わないかな? と思っていましたが、やはり結構食うようでした。

■スヌーズがない
これがですね、致命的です。
UP24には、バイブによる目覚まし機能がついています。バイブはかなり強く、また「手首が振動する」という違和感もあり、起きられないということはありません。
ただ、バイブを止めるのが「ボタンを押す」というワンアクションなのです。そしてスヌーズ機能がない。
何が起こるかというと、夢うつつのうちに布団の中で「モゾモゾ、ポチッ」とバイブを止め、そのまま二度寝してしまうのです。大変危険です (´д`)
万歩計機能がついてるんだから、起きて活動しはじめていなかったらスヌーズしてくれたらいいのに…。

ただ、この問題は公式フォーラムでも議論されており、すでに開発チームに意見が伝えられているようです。
機能追加されることを望みたいですね。
Snooze Alarm - JAWBONE COMMUNITY

※テーマ「UP24」の記事はこちら
テーマ「UP24」のブログ記事一覧 Life Goes On /ウェブリブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【iPhone5】JawboneのUP24でのライフログ計測が楽しい!

2014/05/03 18:27
[Amazon]UP24 by Jawbone JL01-52M-JP
UP24 by Jawbone JL01-52M-JP
わたし軽い糖尿持ちなので、運動は欠かせません。
最近流行りのリストバンドが気になっていたのですが、ついに買ってしまいました。ナイキのFuelBand、Fitbit Oneあたりと比較しましたが、機能とデザインでJawboneのUP24に落ち着きました。

いやー、楽しいです、これ。
要するに万歩計+睡眠計なのですが、iPhoneのアプリとBluetooth同期してくれるので、iPhoneが自分の身体のメーターになったような感覚があります。
ダイエットにしても糖尿にしても、「計る」というのは基本中の基本。「計る」のが楽しくできるというのは、それだけで価値のあることです。

UP、またはUP24については様々な記事が充実しているので、以下、自分が気になったポイントのリンクを貼っておきます。


■サイズ
Jawbone UP どのサイズを買ったら良いの!?AppBank メンバーで検証してみました。 - たのしいiPhone! AppBank
最初に悩むのがサイズだと思います。試着できませんからね。
わたしは腕回り16cmでしたが、Mでジャストフィットでした。Sにしようかと迷ったのですが、Sだとおそらく入らなかったと思います。

■着け方
, 【UP by Jawbone】UPは左右どちらに着ける?腕時計との共存は? #UPjp #jawboneup - ぐっどらっく by @kei_kawanishi
ズバリ、写真の着け方がオススメです。パソコン使うときにも、これだと気になりません。
UP24 by Jawbone JL01-52M-JP


■睡眠
「UP by Jawbone」のスリープアラーム機能で本当にスッと起きられた話とその設定方法 | め〜んずスタジオ
睡眠関係の機能は本当に充実しています。基本的な睡眠計、浅い眠りのときにスッキリ起こして目覚ましアラーム、睡眠量に応じて30分前後でいい感じに起こしてくれるお昼寝支援、ナドナド。
バイブもかなり強いので、わたしは「気付かず起きられない」ということはありません。

■食事
『UP by Jawbone』バーコードやデータベースから楽々カロリー管理!食事(EAT)の記録方法 | アンコウテルオ.com
バーコード検索が、意外なほどヒットします。店屋物はだいたいOK。楽しいです。問題なのは家メシですが、わたしはもう「家メシ600kcal」とか、ザックリやっています。ザックリでいいのです、ザックリで。

■連携アプリ
Jawbone UPの機能を使って無料で体重管理をグラフ化するたった1つの方法
体重管理はやはり、連携させたいですよね。定番のWithingsと連携させることができるので、大変便利です。

ウェアラブルデバイスは、何となく未来を感じさせて、ガジェットゴコロをくすぐりますよね。
予想以上に楽しいオモチャでした。

※テーマ「UP24」の記事はこちら
テーマ「UP24」のブログ記事一覧 Life Goes On /ウェブリブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「UP24」ブログ


お奨め記事テーマ


サイト内ウェブ検索


おすすめ商品


このブログについて


当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


Life Goes On UP24のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる