RX-8:冷却水まわりを交換した

春先から調子が悪く、冷却水の警告灯がつきまくってしまっていた愛車RX-8。
警告灯がつくのは、例えば信号待ちで停車したときや、高速でしばらく走ったとき、低速ギアでひっぱったときなど。要は熱がこもるような状況になると、ついてしまうようでした。しかしディーラーさんに見てもらっても、やはり原因不明で、何か調子が悪くなって誤動作してるんじゃないかとのこと。

結局、冷却水まわりを交換することにしました。見積もり1万円弱。

RX-8の冷却水タンク

交換してからは調子がよく、一度もついたことはありません。よかった、よかった。

そうそう、サイドブレーキの付け根を破損したときも忘れていましたが、わたし「パックde753」に入っていたのでした。なので今回も無償修理とあいなりました (´ー`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック