マンガ:「よつばと!」と、抒情

 [Amazon]あずまきよひこ「よつばと!」4巻
あずまきよひこ「よつばと!」4巻
わたしが「よつばと!」をとても好きな理由のひとつが、これ。行間(コマ間)から漂う、日本の抒情です。
特に好きなのが5巻の「よつばとはれ」のお話。海に連れて行ってもらえず泣くよつばを前に、とーちゃんが「今日は暑いなぁー…」とつぶやき、何とも言えない表情で思いを巡らせます。

サイレントでの情景描写はコントラストの強い夏の空、焼けたゴムホース、朝顔とサンダル、ツクツクボウシ。何とも言えない、詩情溢れる夏の終わりが、みずみずしく描写されています。で、ツクツクボウシの鳴き声に我に帰ったとーちゃんがポツリと、「海行くかー」と。

「よつばと!」、普通に読むと普通の日常が淡々と描写された、普通のマンガです。しかしその普通の一瞬一瞬が実は二度とはない、泣きたくなるようなかけがえのない瞬間だということが、実に見事に描かれていると思うのです。
しかしそれはとてもさりげない描かれ方をしているので、何度も読んで行間(コマ間)から漂ってくる気配を感じ取ることでしか受け取れません。

いつでも今日が、一番楽しい日(Enjoy Everything)。このコピーに、そういった一期一会ともいうべき哲学が、凝縮されていると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック