【iPhone4】iPhoneの緊急地震速報の仕様まとめ

緊急地震速報iOS5からiPhoneに導入された、緊急地震速報。先日来なんとなく「ON」にしており、始めて鳴りました。
半分自分向けメモとして、まとめておきます。

■鳴るタイミング
ケータイWatchさんによると、「最大震度5弱以上の地震が発生したとき、震度4以上が予測される地域に素早く速報を送信する」とのこと。実際鳴ったときも、そんな感じでした。
iPhoneでも緊急地震速報 - ケータイ Watch

■鳴るスピード
今回鳴ってすぐ画面を見たのですが、緊急地震速報と「ゆれくる」のアラームは、両方出ていました。少なくとも数秒単位では、差がないように思えました。

■速報内容
画像にある通り、「強い揺れに備えて下さい」だけです。震度いくつかくるのかは告知されません。
これはちょっとなあ。緊急地震速報って「グラッ」ときたときに、「大丈夫、震度3だ」って、気持ちを落ち着かせる意味合いもあるじゃないですか。この点は「ゆれくる」のほうが、頼りになる感じがしました。

■バッテリーの持ち
設定のところに「設定をオンにするとバッテリーのもち時間が短くなる場合があります。」なんて書いてあるからどうかと思ったのですが、正直体感できませんでした。

■音

緊急地震速報の携帯受信音


「ティロンティローン」ではなく、「プワップワップワッ」という、ガラケータイプ。
注意したいのが、マナーモードにしていても音が出るということ。寝ているときに目を覚ましたくない人は気をつけましょう。寝ていていいのか!? という話もありますが。
ちなみに「ゆれくる」は、マナーモードにしていると音は鳴りません。

うーん、一長一短ですね。これ、両方「ON」が正解という気がしてきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック