【iPhone4】「iPhone Trick Cover」とクラウドファンディングの仕組みが面白い

Facebookで知人からの情報があり知った、「iPhone Trick Cover」。PVを一目見て、そのバカっぽさに気にいって、購入してしまいました。

iPhone Trick Cover

購入したというのは正確な表現ではなく、出資してしまいました。というのがこの商品、クラウドファンディングのCampfireで支援者を集っていたプロジェクトだったからです。
無駄にかっこいいヌンチャク系iPhoneケース「iPhone Trick Cover」- 「Cerevo DASH」

iPhone Trick Cover


この仕組みがおもしろい。期限と目標額を決めて支援者を募り、金額に達したら「サクセス」として製品化される。達しなかったらご破算。「サクセス」して始めて出資が確定するので、「出資はしたけど製品化されなかった」というリスクはありません。
このケースのように「話題性があって、好きな人は好き」というアイディアの場合、SNSに乗せて拡散され、あっという間に目標達成、というケースもあるようです。

今「リーン・スタートアップ」という本を読んでいるのですが、非常にダブるところが多くて面白かったです。
注目の手法「リーン・スタートアップ」著者、大いに語る:日経ビジネスオンライン

とにかく実用最小限の商品、あるいはプロトタイプを作り、顧客に実際に見せ、使ってもらいながらフィードバックを得ていく。あるいは、出資を募っていく。まさにこれを体現しているようなサイト、プロジェクトですね。

肝心のケースはというと、「ガチン! ガチン!」と、予想以上にものすごい音とショックがあるので、いい年コイたサラリーマンが普段使いするのはさすがにちょっと気が引けるかなあ、という感じです。
もちろんそのインパクトが命の商品なので、当たり前なのですが ( ̄ー ̄)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック