【iPhone5】連絡先の保存先をiCloudからGoogleに乗り換えた

CardDAV勤務先の業務システムが、MicrosoftのExchange+Outlook&IEから、Google Apps+Chromeに変更されました。
こういうものは統一しておいたほうが色々便利です。プライベートもGoogle Apps+Chromeに変更してみました。

GmailとGoogleカレンダーは以前から使っていましたが、今回連絡先も、iCloudからGoogle連絡先に乗り換えです。
これ、クラウドtoクラウドになるのですが、一筋縄ではいきませんでした。以下、備忘録がわりにまとめておきます。

1.iPhoneアプリ「Contacts Kit」でcsvにエクスポート
iCloudのデータをエクスポートするやり方は色々あるようですが、わたしはアプリでやっちゃいました。
出来上がったcsvファイルはメールか何かでパソコンに送ります。

▼連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free - IntSig Information Co.,Ltd
連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free - IntSig Information Co.,Ltd

2.Google連絡先にインポート
パソコン上のブラウザでインポートします。これは簡単です。
CSV ファイルのインポート - Gmail ヘルプ

3.iPhoneの連絡先アカウントをCardDAVで登録する
ここが、つまずいたポイント。
Googleアカウントはメールやカレンダー用に、exchangeを使用したアカウントがすでに作成されていました。そのアカウントの「連絡先」をそのまま有効にして同期させたところ、なぜか電話番号が一切同期されないのです。
色々調べ、exchangeを使った同期ではなく、以下のCardDAVを使った同期でうまくいきました。
Gmailの連絡先のみをCardDAVを使ってiPhoneと同期する方法 - たのしいiPhone! AppBank
Googleの2段階認証を設定している場合、ワンタイムパスを発行して、それでログインするということも忘れずに。
アプリケーション固有のパスワードを使用してログインする - Google アカウント ヘルプ

これでiPhoneの連絡先は完全に元通り。クラウドをiCloudからGoogleに引っ越し、Chrome上で快適に操作することができるようになったのでした (´∀`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック