【iPhone5】Exchangeを使ったGmailのプッシュ受信が不可能に

GmailをExchange接続するとエラーが先日新品交換対応となった、わたしのiPhone5。家に帰ってバックアップから復元し、元通り使えるようになりました。…の、はずだったのですが。

クラウド使用のアプリはパスワードがリセットされるため、再度入力する必要があります。まあそれはよし。
au標準のメール設定は復元されないため、再度プロファイルを入れる必要があります。まあそれもよし。
メールアプリでのEメール(@ezweb.ne.jp)利用設定 | 初期設定 | iPhone 5の設定(購入後) | iPhone | au

問題なのがGmailです。パスワードを何度入れてもエラー。2段階認証のワンタイムパスを入れてもエラー。もちろん原因は明らかで、Exchange接続のサービス提供終了に伴うものです。

iPhoneでGmailを使うとき、Exchangeで接続するとメールをプッシュで受け取ることができました。
Gmail 宛のメールをほぼリアルタイムに受信できる「Google Sync」の設定方法 - たのしいiPhone! AppBank

このサービスが1末で終了したのです。「使っている人はそのまま使えるが、新規登録は終了」という扱いです。
機種変更は新規登録にならないだろうと思っていましたが、甘かった。見事に使えなくなってしまいました。

この解決策は、Google標準のアプリ、「Gmail」を入れること。Google製アプリなら、リアルタイムで受信できます。
こうなると「auのメールはデフォルトのメールアプリで、GmailはGoogle製Gmailアプリで」と、2つのアプリを使い分けなくちゃならないんですよね。面倒 (´Д`;)ヾ
GoogleのExchangeがサポート終了、iPhoneでリアルタイム受信するにはGmailアプリが必須に

Exchange接続のサービス終了は、AppleがYouTubeやGoogleマップを標準から外し、Googleサービスを締め出しにかかったことの報復のひとつと言われています。当然AndroidであればGmailはリアルタイムで受信するので、自社デバイス優遇、ということですね。
わたしメールもカレンダーもToDoも連絡先もGoogle Appsを使っています。iCloudよりも汎用性が高いので。
だからということもありますが、それでなくてもiPhone、じわじわとUXが下がってきている気がします。劣勢も伝えられていますが、ちょっとわかる気がします。
米アップル、止まらぬ株価下落 400ドルを割り込む  :日本経済新聞

Google GlassもAndroid優遇になりそう。次のモデルでAndroidとガチンコ勝負になり、Androidで決定版のようなデバイスがでたら、わたしもちょっとグラッとくるかもしれないなあ、などと思い始めました…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック