【 #iPhone6 #ケース 】RAVPowerのバッテリー内蔵ケースが使いやすい

DEEP POWERのバッテリーケースが壊れてしまったので、代替品を探します。
Amazonを覗くと、定番のAnker「ウルトラスリム」と二強状態で、RAVPowerの製品が。
さっそく購入したので、Ankerと比較レポートしました。


分割式、Apple認証など、基本的にAnkerとほぼ同じ。細かいところの違いを見てみましょう。

■容量
RAVPower3000mAhに対し、Anker2850mAh。少しだけ、RAVPowerのほうが持ちますね。

■大きさ
左:RAVPower、右:Anker
微妙に、Ankerのほうが高いような気がしますが、まあほぼ同じです。

■厚さ
左:RAVPower、右:Anker
1ミリほど、RAVPowerのほうが厚い。
これ、微妙に「厚いな」と感じます。

■重さ
RAVPowerが97グラムに対し、Ankerが86グラム
11グラムRAVPowerのほうが重いです。
ただ使っていて、重いという感覚はないです。

■質感
RAVPowerはプラっぽいつるつる。Ankerはゴムっぽいマットな感じ。
ポケットから出すときの引っかかりは、RAVPowerのほうがありません。

■実売価格
RAVPower3000円弱に対し、Anker3500円弱。
RAVPowerに軍配が上がります。

現時点では値段の差で、RAVPowerが最強のバッテリーケースということになりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック