【 #コペン 】 #コペンセロ のホイールに「ユーロスポーツ805」を選んだ理由

ずっと交換したかったホイール。やっと実現しました。
Blestの「ユーロスポーツ805」です。

ユーロスポーツ805

第一候補で考えたのは、初代コペンのタンレザーエディションにオプション設定されていた、ゴールドのミニライト
クラシカルな8本のバナナスポークで、ゴールドが緑のボディによく映えています。

ミニライト・アルミホイール

【初代】ダイハツ コペン タンレザーエディション(L880K型) - 軽自動車マニア

中古でもまずまず出回っているのですが、残念なことに15インチ。
16インチのゴールドは、現在新品販売していません。
minilite shop

同系統のデザインで定番のワタナベ8スポークは、セットで20万とかしてムリ…。
エイトスポーク15~16inch | レーシングサービスワタナベ

次に考えたのが、現行コペンのオプションであるメッシュのBBS
素朴な力強さのあるミニライトに対し、こちらは繊細で印象のY字メッシュ。
ややシャープさの増した現行コペンによく似合っています。

BBSアルミホイール

ダイハツ コペンセロ(コペン セロ/COPEN CERO)丸目コペン見てきた!見た目の評判も良い! | ワンダー速報

オプションはシルバーですが、16インチのゴールドがBBS公式でラインナップされています。
ただ、これもセットで20万とかしてムリ…。
RP | BBS JAPAN

というわけで、同系統のデザインである、Blestの「ユーロスポーツ805」にしたのでした。
実売5万前後で買えます。

色はブロンズクリア。
通常の塗装と異なり、アルミの地が透けているような、透明感のある発色です。
メッキゴールドみたいにキラキラして、結構目立ちます。
思ったよりハデでしたが、ゴージャス感が出て、これはこれで気に入りました。

純正アルミが8.1キロなのに対し、ユーロスポーツ805は5.9キロ。2.2キロも軽くなったことになります。
ショップを出てクラッチを繋いだ瞬間、「あ、軽い!」とわかりました
加速がものすごくスムーズになり、ハンドリングも軽快になりました。
ホイールを変えると体感できるレベルで操作性が変わるので、楽しいですね。

安いといってもそれなりにしますし結構迷いましたが、結果的には大満足でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック