【 #コペン 】ハミタイ、干渉等 #コペンセロ のホイールマッチング情報

先日コペンセロのホイールをBlestの「ユーロスポーツ805」に履き替えました。
結構色々調べたので、記しておきます。

コペンセロとユーロスポーツ805

■純正ホイールとタイヤ
まずは純正。以下の通りのスペックです。

ホイール:16インチ×4.5J INSET45 4H/PCD100
ナット:全高22mm HEX21 M12 ピッチ1.5 テーパー座60度
タイヤ:POTENZA RE050 165/50R16

■車検対応のリム幅
最初、5.5JのENKEI92を検討していました。
販売店に問い合わせたところ、理論上はギリギリ大丈夫だが、クルマのコンディションによってハミタイの可能性があるとのこと。

2店に問い合わせてどちらも同じ回答だったので、間違いないでしょう。
どうも5.5Jだと、ホイールのデザインとクルマの個体差によって、ハミタイしてしまうようです。
そんなわけでわたしは、5.0Jのユーロスポーツ805にしたのでした。

■ナット
少しでも安くあげるなら、純正のナットを流用したいところ。
純正ナットは60度テーパーなので、これが使える社外ホイールなら、流用可能です。

■タイヤ
今回ホイールだけ交換し、タイヤはまだ山がたっぷり残っていたので、純正を流用しました。
リム幅が0.5インチ広がりましたが、引っ張り感もなく普通に使えています。

LA400Kコペンのホイール交換だとこの記事が有名ですが、5.5Jでもそれなりに攻めたチョイスのようです。
どこまで攻めるかにもよりますが、わたしのような雰囲気派は、5.0Jまでにしておいたほうが無難のようでした。

■2019/07/02 追記
車検に出しました。微妙にハミタイしてました…。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック