【 #コペン 】 #コペンセロ で初めての #ジムカーナ ! 「D-SPORT GYM」での気づき

先日参加したダイハツオンリーイベントの「D-SPORT GYM」。

今回講師のお一人に、ダイハツ社員で近畿ジムカーナに参戦している殿村裕一さんがいらっしゃいました。
午後の練習走行の際、わたしのコペンで殿村さんに走ってもらい、助手席で同乗。
その後コースを何度も走り込むことで、多くの気づきがあり、勉強になりました。

忘れないうちに記事にしておこうと思います。
IMG_0152.jpg

まず、講師の殿村さんの走り。
解説しながら流して走っている感じですが、とてもスムーズです。

次に、わたしのベストタイムの走り。
殿村さんのアドバイスを受けて練習走行数回目で、全力で走っている…、つもりです。
ジムカーナというもの自体はじめてなのでウマイヘタ以前の問題ですが、そこはご容赦ください。

おもしろかったので、比較動画を作ってみました。
当日の記憶と動画の比較で、様々な気づきがありました。

■侵入ライン重視
比較動画の10秒あたりで「準備運動させてあげて」とおっしゃっていますが、一番違うなあと思ったのがこれ。
わたしはパイロン目指して一直線に突撃。減速するも曲がり切れずラインが膨らんでしまい、立ち上がりで加速できていません。
さらにラインが乱れて次のパイロンにキレイに侵入できないと、ワルイコトづくめです。
殿村さんは侵入時アウトから入ることでキレイなラインを描き、スムーズに加速しています。
これ、わかっちゃいるけどできませんでした。

■躊躇ない加速
3つめのパイロンを曲がった26秒あたり、「タイヤと相談しながら」おっしゃっている通り、高速区間に入ります。
37秒「ここはずーっと加速できるんで」とおっしゃっていますが、ここ、「こんなに加速するのか」と思ったことを覚えています。
殿村さんは加速すべきところでは、アクセルベタ踏みで容赦なく加速していました。
思い返すとわたしは、パイロンを曲がり切った後に「えっと、次のパイロンは…」となってしまい、十分アクセルを踏めていませんでした。

■1速まで減速
45秒、「ここはしっかり押さえて」とおっしゃっているところから、最後の180度ターン×2に入ります。
このへん殿村さんの手元をチラチラ見ていたのですが、1速までしっかり減速していました。
わたしヒール&トゥの練習を2速までしかしていなかったので、1速までは落としていませんでした。
普段乗りでもしっかり、2速→1速のヒール&トゥを練習しよう、と思いました。

全体的に殿村さんの運転は、とてもスムーズ。
加減速やコーナリングはグイグイいくのですが、それらが流れるようにつながっており、ギクシャクしていません
対してわたしの運転は、加速は加速、侵入は侵入と、ぜんぶのアクションがバラバラしている印象です。
これはもう、練習して身体化するしかないのだろうなあ。
そしてこうやって振り返ってみると、気づきポイントは必ずコメントいただいているんですよね。
そのあたりも含め、やっぱプロは違うなあとつくづく思わされました。

IMG_0160.jpg

初めてのジムカーナシリーズは、以上で終了です!
まったく新しいことに挑戦するのは勇気もいりましたが、こんなに楽しいならもっと早くチャレンジするんでした。
お金的にも、ヘルメットなどの初期費用が2.3万、参加費がガソリン代コミで1.3万程度。
合計でも、4万でお釣りがきます
大人の遊びとしては、十分許容範囲なのではないでしょうか。
もちろん速さを求めてカスタム始めると沼にハマるのでしょうが、わたしのようにドラテク向上が目的なら、これ以上のお金もかかりません。

クルマ好きなら一度は、スポーツ走行してみたいな、と考えると思います。
ジムカーナ系の広場トレーニング、安全でお金もかからずオススメです。
コペンオーナーのかたなら、まずは「D-SPORT GYM」から始めるのが超超オススメです!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント