R MagicのRX-8用1DINパネルキット

RX-8のオーディオ部分は専用設計になっているため、社外のDIN規格品のポン付けはできません。カーナビを後付けするにあたって、一番ネックになったのがここでした。

モニターをオンダッシュでつけるという選択肢もあったのですが、わたしはどうしてもインダッシュでつけたかったのです。
キーをひねると液晶モニターが「ウィーン」って立ち上がってくるのって、何かガンダムっぽいじゃないですか (*´Д`*)

そこで目をつけたのが、ダッシュボード加工。いくつか候補があったのですが、Rx-7用パーツで定評のあるR Magicの1DINパネルキットをつけました。

R MagicのRX-8用1DINパネルキット
モニター閉じたところ

DIYは自信ないので、取り付け加工はディーラーさんにお任せ。メカニックの人いわく、「両面テープで貼り付けるだけなので強度がちょっと心配」とのことでした。でも2年近く使っていますが、今のところ何の不具合もありません。思っていた通りの仕上がりで大満足です (´∀`)

気になる点はもちろんいくつかありました。

成型がやや甘い
1DINパネルキットとの隙間
ダッシュボードとの間にちょこっと隙間が

これは取り付け加工によるものかわかりませんが、ダッシュボードのラインとツライチというわけにはいかず、多少の隙間やはみ出しが発生してしまいます。
まあこのあたりは社外品なので許容範囲だと思いますが。

質感が安っぽい
見た目はまあまあ。シボのパターンがダッシュボードと異なるのがアレですが、ちょっと見はまったく気になりません。
しかしツメでたたいたときの「ペコン、ペコン」といういかにもプラスチッキーな音は、もう少し何とかならなかったかという感じです。まあ普段触る場所ではないので、気にならない人は気にならないかもしれません。

位置が高い
メーカーオプションの埋め込み式やディーラーオプションのオンダッシュに比べると、カーナビを取り付けたときのモニター位置が高いです。ちょっと視界を遮り気味になります。
もっともこれは、取り付け可能位置の関係でしょうがないですね。視界も慣れればまったく問題ありません。

気になるところばかり並べてしまいましたが、「アフターっぽくなく、ただしガンダムっぽい」という意味では大満足 (*´Д`*) オススメできます。

モニター立ち上がり中
キーをひねるとウィーンと立ち上がって…

カーナビ起動中
ハッシー、RX-8、出ます!(`Д´)ゞ


■2007/02/27追記
こちらの記事に起動時の動画をアップしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック