M1000とRBK-1000BTのソフトキーボード

M1000関連の記事に思った以上にアクセスがあってびっくりしています。周りでWillcom使ってる人はいますが、M1000使っている人なんて一人もいないので、未だにここまでユーザーがいるとは。
以前の記事でも書きましたが、REUDOのRBK-1000BT、hTc Zに乗り換えるまでは、手放せない存在でした。

松茸 for M1000
松茸 for M1000のソフトキーボード

キーボード本体も使い勝手がいいのですが、もっといいのが付属でついてくるソフトキーボードの「松茸 for M1000」。入力方式は普通のマルチタップ。予測変換ナシ、変換辞書も決して強くないのですが、一瞬で出てくるというメリットがそれらすべてを打ち消します。
M1000標準のソフトキーボードはナゼか出てくるのに数秒かかります。「電源入れっぱなし、パッと出してサッと使う」PDAで、これは本当に致命的。ちょっとした文字入力でじーーーっと待たされるのには、辟易させられていました。これが解決されるだけでも、M1000が相当使いやすくなります。

もっともわたしの場合、キーボード本体(というかドライバ?)に、ひとつ不具合がありました。普通にタイプしていて手を放しても、たまにキーが押されっぱなしと認識されてしまうのです。一度バックスペースキーでこの現象に遭遇してしまい、議事録をすべて消してしまうという大失態をやらかしたことがあります (´д`)
かなり長いこと使っていますが数回しか発生していないので気にするほどではないかもしれませんが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック