AppleTV:Apple TVをDVIとピンジャックで接続

コンポジットAVケーブルを買ったり色々やっていましたが、結局Apple TV、買っちゃいました。iPadに大量に放りこんだ写真やビデオ、やっぱりテレビの大画面で見たいですし。結構クセが強いので、何回に分けてレポートします。今回は接続編です。

まず、以下の写真をご覧ください。
画像6 - 第2世代「Apple TV」レビュー - iOS端末との連携が快適なハイコストパフォーマンスモデル - Phile-web

Apple TV、正確には第2世代の場合、写真でわかる通り、以下のジャックしかありません。
 映像:HDMI
 音声:Optical Audio(光デジタル音声端子・角型コネクタ)


第1世代で存在した、コンポーネント映像出力やピンジャック音声出力はありません。ここが要注意ポイント。

わたしの場合、使っているテレビ(アクオスLC37-GD7)のHDMI入力端子は、ひとつしかありません。そしてその1つの端子はHDDレコーダが占めており、これは譲りたくありません。
かなーり調べて考えた挙句、以下のように接続しました(リンクはアマゾンの該当商品に飛びます)。Apple TVが届く前に注文しちゃったので、うまくいくかどうか、完全にバクチでした。

■映像
Apple TVのHDMI出力 → HDMI-DVI変換ケーブル → アクオスのDVI-I入力

■音声
Apple TVの光デジタル音声出力 → 光デジタル音声ケーブル → デジアナ音声変換器 → ピンジャック音声ケーブル → アクオスのピンジャック音声入力

Apple TV

これが大ビンゴ。何の問題もなく、普通に使えるようになりました。

映像はデジタル→デジタルなので、ケーブル1本で解決。HDMIの出力を、そのままDVIに変換します。アクオスの取説には「DVI-I」と書かれていますが、どうせデジタル→デジタルなので、DVI-D用の変換ケーブルでも何の問題もありませんでした。
ただしHDMIと違い、DVIは音声信号が消えてしまいます。そこで音声端子もつなげる必要が出てきます。

その音声はやっかいで、デジタル出力をアナログ変換する必要があります。これは変換器をかませるしかありません。大丈夫かなー、と思いましたが、上記のやり方で何の問題もありませんでした(アクオス側のピンジャック音声ケーブルは、家にあったものを使いました)。

なおアクオス側のメニュー設定は「機能切替」→「入力選択」で、「デジタルPC」にしています。「デジタルAV」でも表示できますが、画質・音質が少し落ちるようでした。
「デジタルPC」だと、たまに画面位置がズレてしまったり不具合が起こっていました。「デジタルAV」に設定すると、この現象は起こらないようでした。(2010/12/23修正)
またLAN接続は、アクオス裏にスイッチングハブを貼り付けていたので、家にあったLANケーブルで有線接続しちゃいました。

んー、ちょっといじってみましたが、いいですね。テレビの使い方が、完全に変わりそうな予感がします (´ー`)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック